海外旅行お役立ち情報

【日本と同じ?】海外ホテルのチェックイン、チェックアウト方法と注意点

長時間のフライトを終え、初日の観光も終わり、ようやく到着したホテル。

「さぁゆっくりしよう」、ですがその前にチェックインをしなければなりません。旅慣れている方や英語がぺらぺらの方であればなんの問題もありませんが、海外旅行は初めて、、、英語は全然、、、という方はかなり緊張することと思います。

そんな方のために海外ホテルのチェックイン方法から部屋での注意点チェックアウト方法までをまとめました。

この記事さえブックマークしておけば、初めてだろうが英語が話せなかろうが問題ありません。きっとあなたのお役に立てると思いますので、最後までご覧ください。

海外ホテルのチェックイン方法

旅慣れた方であれば予約をせずに、当日ホテルに飛び込みで宿泊するなんてこともあるかもしれませんが、前日までにホテルを予約しておいた方がチェックインはスムーズです

では事前に予約したホテルにチェックインする方法を見ていきましょう。

チェックインしたいことを伝える

まず予約したホテルに到着したら、日本のホテルと同様に受付を行います。「front desk」もしくは「reception」の表示があるカウンターにならんでください。

自分の番になったら、「Check in, please.(チェックインお願いします)」と伝えます。(このとき予約票を印刷したものを提示すると、英語でのやりとりが必要最小限で済むのでよりスムーズにチェックインすることができます。)

パスポートを提示する

すると受付の担当者はあなたの名前を聞くか、パスポートの提示を要求してきます。

May I have your name?(お名前をお願いします)

もしくは

Can you show me your passport?(パスポートを見せてください)

です。

言い回しは人によって変わりますので、「your name」と「your passport」だけ聞き取れれば対応できます。
(passportと言わずにID(身分証明書)と言われることもありますが、IDと言われた場合もパスポートを提示すれば問題ありません。)

宿泊者カードに記入する

ホテル側であなたの予約が確認できたら、次は宿泊者カードへの記入を求められます。内容は日本のホテルで求められるものとほとんど変わりませんが、英語で記入する必要があります。

Could you fill out this form?(こちらの用紙に記入いただけますか)」

などと聞かれるかと思いますが、聞き取れなくても問題ありません。同時になんらかの用紙を提示されますので、「用紙の提示」で判断できます。

質問項目がたくさんあるかもしれませんが、名前(First Name:下の名前、Last Name:上の名前)国籍(Nationality)住所(Address)電話番号(Telephone number)メールアドレス(Email)などの基本情報を書いて、最後に署名(Signature)をしておけば問題ありません。(署名だけは漢字でもOKです。)

英語で住所を書く場合は後ろから書く必要があります。このサイトで変換できるので、変換したものをメモしておくと便利です。

デポジットを支払う

デポジットとは保証金や預り金と呼ばれるもので、ホテルの設備を壊してしまったり冷蔵庫内の有料の飲み物を飲んだにも関わらず嘘をついて支払いを免れようとした場合に備えて、事前にホテル側にお金を支払っておく制度です。

もちろんそういった追加で何か支払わなければならない状況にならなければ、全額返金されます。日本のホテルでは見られませんが、海外のホテルでは基本的に請求されると考えておいてください。

宿泊料金とはで一時的に支払う必要がありますので、事前に宿泊料金を決裁していたとしても請求されます。このルールを知らないと二重に料金を取られたと勘違いしますが、前述の通り全額返金されるものですので、あわてないようにしてください。

支払いの方法ですがクレジットカードで支払うことが多いです。クレジットカードを持っていない方や現金で支払いたいという方は現金で支払うこともできます。

May I have your credit card for a deposit?(デポジットとしてクレジットカードをいただけますか)
(depositではなくincidentals(滞在中の費用)と言われることもありますが、大きく意味は変わりません。)

このように言われたらクレジットカードを提示してください。もしどうしてもクレジットカードではなく現金で支払いたい場合は、「Cash, please」と言えば現金で支払うことも可能です。

日本円で1万円以上を請求されることも多く、宿泊日数が長い場合はそれ以上になることもあります。多額の現金を持ち歩きたくない場合は、現金よりもクレジットカードで支払うことをおすすめします。

鍵を受け取ってチェックイン完了

以上のことが終われば、あとは鍵を受け取るだけです。

Here is your room key. Your room number is 1234.(こちらがお部屋の鍵です。ルームナンバーは1234です)

などと言われますので、「Thank you.」と言って受け取ればチェックインは完了です。

ベルボーイがいる場合は、鍵はベルボーイに渡され部屋まで荷物を運んでくれます。ベルボーイは部屋の設備の案内もしてくれます。

このときチップ文化のある国であればベルボーイにチップを渡しましょう。

余談ですが、初めてタイに行ったときにチップのことを失念しており、設備の案内をしてくれたベルボーイが案内が終わったにも関わらず全然部屋から出ていかずにずっと笑顔で立っていました。最初なぜ出ていかないのかわからず不気味だったのですが、2~3分後にチップの存在を思い出して100バーツ(約400円)を渡すと満面の笑顔で出て行ったということがあります(笑)

 

チェックイン時間前に荷物を預かってもらいたい場合

チェックイン時間前にホテルに到着し、部屋には入れないけれどもスーツケースなどの荷物を預かってもらいたい場合はこう言いましょう。

Please keep my baggage(カバンを預かってください)

ほとんどのホテルで預かってくれます。
預けた際に荷物の引き替え用のタグを渡されますので、無くさないようにしてください。

ホテルに戻ってきた際に荷物を受け取る時は、何も言わなくてもそのタグを渡せば預けた荷物を持ってきてくれます。

海外ホテルの部屋で注意すること

チェックインが終わりやっと部屋に到着しました。長旅の疲れからすぐにでも眠ってしまいたいところですが、下記の点を注意するようにしてください。

セキュリティの確保

ホテルの部屋だからといって安心しきるのはやめてください

強盗が入ってこないとも限りません。部屋に到着したらオートロックに加えてチェーンロックもしっかりかけるようにしてください。

また貴重品を無造作に置きっぱなしにするのもやめましょう。

以下の記事にも書きましたが、部屋に備え付けのセキュリティボックスも完全に安心というわけではありません。記事内のスーツケースを使った自作のセキュリティボックスを使用することをおすすめします。

部屋の冷蔵庫の中身は有料?無料?

日本と同じく冷蔵庫の中に用意されているジュースやアルコールは有料です。冷蔵庫の上やデスクの上にミニバーの料金表が置いてあることが多いので探してみましょう。

納得できる金額であれば利用してください。

またミネラルウォーターは無料でもらえることが多いです。


このような形で置いてあるものは無料であると思って大丈夫です。

チップが必要な国の場合

チップが必要な国の場合、毎朝枕元にピローチップを置いておくようにしてください。

ピローチップとはあなたのベッドを快適に整え、バスルームを磨き、室内を整頓してくれるハウスキーパーさんとのコミュニケーションになります。マナーの1つですので、忘れないようにしてください。

普通のホテルであれば1ドル程度を、5つ星などの高級ホテルであれば5ドル程度を準備しておきましょう。

メモに「Thank you for your good service.」などと書いて一緒においておくとよりベターです。

海外ホテルのチェックアウト方法

最後にチェックアウトの方法についてご説明します。

忘れ物がないか確認する

部屋を出る際は忘れ物がないかしっかり確認してください。セキュリティボックスを使用した場合は忘れやすいので注意が必要です。

朝はばたばたしますので、できればチェックアウト前日に荷物をまとめて忘れ物の確認も合わせて行っておくとよいでしょう。

鍵を渡す

忘れ物がないか確認が終わったら、フロントに行き鍵を渡して「Check out, please.(チェックアウトお願いします)」と伝えてください。

事前精算制のホテルではカウンターを通さずに、キーボックスに鍵を入れてチェックアウトが完了する場合もあります。日本でもアパホテルなどで見かけますよね。

料金の支払い

予約時やチェックイン時に料金を支払っていない場合はここで支払うことになります。

Here is your bill.(こちらが請求書です)

と請求書の提示がありますので、内容をよく確認してください。使用した覚えのない国際電話やミニバーなどが請求書に含まれている可能性があります。

問題なければクレジットカードもしくは現金で支払い、請求書にサインしましょう。1度サインをしてしまうと後からクレームを入れることが難しくなりますので、請求書の確認はしっかりと行ってください

またデポジットに関してですが、クレジットカードで支払った場合は何もしなくても2~3日後に返金されますので安心してください。(不安な方はクレジットカードの明細をしっかり確認しておいてください。)

デポジットを現金で支払った場合は何もなければその場で全額返金されます。こちらも返金したことを証明する書類にサインを求められますので、しっかりと金額を確認してからサインするようにしてください。

海外ホテルのチェックイン・チェックアウト方法まとめ

いかがでしたでしょうか。

海外のホテル日本のホテルでチェックイン・チェックアウトの方法に大きな違いはないことおわかりいただけたかと思います。

一部異なる点もありますが、そこさえ理解しておけばあとはなんとかなります。

初めての海外旅行だから、英語ができないから、とネガティブにならずにこの記事を参考にスムーズに海外ホテルを利用してみてください。