空港・フライト

成田空港第一ターミナル制限エリア内のシャワーを使ってみる!

仕事終わりに長距離路線に乗る際いつも気になるのがシャワーどうしようということ。

私自身長距離フライト前は必ずシャワーを浴びたいのでいつも悩むところでもあります。

世界の空港ではプライオリティパスを持っているだけで無料でシャワーを浴びることができるラウンジなどもありますが、残念ながら成田空港にはありません。

また、各航空会社の上級会員になればシャワーを使えたりもしますがこれもまた非現実的です。

 

しかし成田空港には有料で使えるシャワールームが点在しており今回はアエロメヒコ航空やユナイテッド航空、エアカナダなど長距離フライト路線が多い

第一ターミナル制限エリア内(出国エリア)にある有料シャワールーム

をレビューしていきます。

成田空港第二ターミナル有料シャワー&羽田空港有料シャワーについてはこちらをご覧ください。

 

場所は26番ゲートの近く

出国審査を抜けて左方向に歩いていくと3分ほどで着くことができます。

各所にシャワールームへの案内表示もあるため特に迷うこともありません。

 

外見はこのようになっておりわかりやすいです。

 

シャワーは30分1,050円・仮眠は1時間1,560円〜

こちらのリフレッシュルームはシャワーの他、仮眠室もありシングルルームとツインルームの2種類の部屋タイプがあります。

各利用料金はこのようになっています。

利用時間は7:00〜22:00となっており、シャワールームは21:30・仮眠室は21:00が最終受付となっていますので注意が必要です。

 

混み合ってる場合は多少待つこともあります。

フライトまであまり余裕がない時は利用前に待ち時間を聞いておきましょう。

 

シャワールーム内は狭め

入り口を入るとすぐに受付があるので受付を済ませ料金も先に支払います。

この際搭乗便名を聞かれますのでチケットなどを用意しておくとスムーズです。

 

支払いが終わると部屋番号が書かれたプレートとミネラルウォーターをもらえます。

 

ではシャワールームに向かいます。

今回は4番。

 

中はこのようになっており、洗面台とシャワーブースがあります。

 

シャワーブースはこんな感じで、リンスインシャンプーやボディーソープなど最低限のアメニティは揃っています。

もちろん水圧は上々です。

 

もちろんバスタオルやハンドタオルも完備。

 

当然ドライヤーもあります。

 

ちなみに歯ブラシや髭剃りなどのアメニティはありません。

またルーム内に時計はありますが、利用開始時間を覚えておかなければ30分を超過してしまう可能性もあるため利用開始時間はしっかりと確認しておきましょう。

 

シャワーが終わったら受付に最初に渡されたプレートを返して終わりです。

成田空港第一ターミナルシャワーのまとめ

長距離フライトとなると24時間近くシャワーを浴びられないなんてことも多々あり、会社帰りなどの場合はやはりフライト前に浴びておきたいもの。

そんな要望を叶えてくれる成田空港リフレッシュルームはぜひ利用する価値ありです。

また、今回は第一ターミナルにあるリフレッシュルームをご紹介しましたが、第二ターミナルにもあるため、どちらのターミナルからでもサッパリとフライトに臨むことができます。

 

また、当記事冒頭でもお話ししたプライオリティパスがあれば、世界中の空港ラウンジにあるシャワーを無料で使うことができます。

しかもシャワーのみならず食事や仮眠を楽しむことができたりもしてしまうのだから最高です。

年会費1万円の楽天プレミアムカードに申し込むことで特典としてこのプライオリティパスをもらうことができるので、日常的に楽天ポイントを貯めている方でたまに海外旅行に行くなんて方にもぜひオススメです。

プライオリティパスと空港ラウンジの詳細はこちらをご覧ください。