空港・フライト

【エティハド航空】中東御三家の三男坊のエコノミークラスレビュー

世界でも有数の豪華さを誇る航空会社が揃う中東地域。

その中でも中東御三家と呼ばれる

 

  • エミレーツ航空(アラブ首長国連邦・ドバイ)
  • カタール航空(カタール)
  • エティハド航空(アラブ首長国連邦・アブダビ)

 

この3社は世界のエアライン界でも圧倒的な存在感を誇ります。

各社日本からの直行便を出していることもあり、中東のみならずヨーロッパやアフリカに行く際のフライトの候補として選ぶ方も多いのではないでしょうか。

今回はトルコ旅行に行った際に利用した中東御三家の三男坊とも言われるエティハド航空のエコノミークラスについてレビューをしていきたいと思います。

 

今回利用した便はこちら

EY871 成田17:10発→アブダビ00:40着

EY96 アブダビ09:30発→イスタンブール13:30着

 

EY97 イスタンブール14:50発→アブダビ20:10着

EY878 アブダビ22:15発→成田12:45着

 

エミレーツやカタールを利用した経験がある私としては、率直な感想を言ってしまうとエコノミークラス利用に関してはエミレーツやカタールの方がいいかなと感じました。

機内食以外のドリンクやスナック類が有料だったりしていて、些かサービス面で物足りなさがありました。

 

しかし、中東御三家の中でも比較的安価に利用することができ、成田空港の他に中部国際空港からも飛んでいるエティハド航空は今後もフライトの候補として入り続けてくるだろうと感じました。

中東御三家の三男エティハド航空の基本情報

エミレーツ航空やカタール航空はかなり評判が良く、カタール航空に至ってはスカイトラックス社が毎年行う航空会社の格付けにおいて2019年に第一位を獲得し、エミレーツ航空も常に上位にいる世界的に注目される航空会社です。

そんな強い2社に隠れてしまい、エティハド航空はどうしてもパッとしない印象を受けてしまいます。

更には2016年ごろには赤字を出し業績が危うかった時期があったり、2019年にはスカイトラックス社による5スター認定から4スターに降格されるなど日に日にイメージが下がっていってしまっているエティハド航空。

しかし世界最大の旅客機であるA380に新設したファーストクラスを超える座席ザ・レジデンスで注目を浴び再起をはかるエティハド航空は今後も目を離せない航空会社となりそうです。

 

拠点空港は超巨大なアブダビ国際空港

エティハド航空の拠点空港はUAE・アブダビにあるアブダビ国際空港


第一ターミナルから第三ターミナルまであり、主に第一ターミナルと第三ターミナルを利用することになります。

また第一と第三は繋がっており徒歩で移動することができます。

しかし同じくUAEにあるドバイ国際空港と同じく、ここアブダビ国際空港もとにかく広い!!

圧倒的な広さです。

 

アブダビ国際空港についてはこちらをご覧ください。

約110の機体で400を超える国と都市へ就航

日本からのフライトは成田国際空港中部国際空港(北京経由)からアブダビへ向けて飛んでいます。

成田発便に関してはエミレーツ航空やカタール航空のように夜間発ではなく17:10発なため、仕事終わりに搭乗は難しいのが難点。

しかし成田着便の到着は12:45ということで、中東他社と比較して早めに帰国できるのは嬉しいポイントです。

またヨーロッパ各地及びアフリカ各地にも数多く飛ばしているため、各方面へ旅行の際は自ずとエティハド航空が候補に上がってくるのも肯けます。

 

 

保有機材は最新鋭機ボーイング787が最多

 A380 保有数:10機 座席数:486席
     A320シリーズ 保有数:29機 座席数:196席
    787シリーズ 保有数:38機 座席数:336席
    777シリーズ 保有数:19機 座席数:402席

 

エティハド航空では最新鋭機種のボーイング787を数多く保有しており、成田空港・中部国際空港路線もボーイング787での運行となっています。

 

搭乗当日の流れと機内エンターテーメントなどについて

ここではエティハド航空搭乗の当日と機内について書いていきたいと思います。

トータルでの満足度はエミレーツやカタールには劣るものの、最新鋭の機体は快適そのものでした。

 

気になったのはフライト中ドリンクのサービスが食事中意外になかったこと。

水の配布はありましたがその他ソフトドリンクなどはなく、よく見たら座席モニターから有料で注文するようになっていました。

ドリンクの他スナック類も有料でした。

もしかしたらCAさんに一声かけたらもらえたのでしょうか…

オンラインチェックインがオススメ

私が搭乗したのは2020年2月初旬で、新型ウイルスによる影響が出ている時期でしたが成田空港第一ターミナルにあるエティハド航空チェックインカウンターは大混雑でした。

これはどこの航空会社でのフライトでも同じですが、できるのであればオンラインチェックインをしておきましょう。

特に中東系航空会社は乗り継ぎ客や、団体ツアーによる利用客が多くチェックイン手続きが長くかかりがち。

今回のフライトもそうでしたが、エコノミークラスチェックインレーンは長蛇の列になっていました。

しかし、オンラインチェックインを済ませておけばそんな長蛇の列に並ぶ必要はありません。

 

今回のフライトではオンラインチェックインレーンは5分程度の待ち時間で順番が回ってきました。

またオンラインチェックインの場合空港でのチェックイン手続きよりも早い段階で座席を選択することができるため、希望の座席を取りやすくなるというメリットもあります。

 

最新鋭機のB787と短距離路線向けA321の座席について

成田⇄アブダビのフライトで使われる最新鋭の機内は清潔感があり快適です。

しかしエミレーツやカタールも配布している最近流行のアメニティなどは一切ありません。

 

座席にはこのようにヘッドレストがあり、寝るときにもたれかかることができる仕様。

地味にありがたいやつです。

 

座席モニターは一般的なサイズ感です。

また画面下にはUSBポートや日本のプラグも挿せるコンセントもあります。

映画などについては日本語字幕や日本語音声はありませんでしたが、数本の日本映画はありました。

 

アブダビから成田までの便では足下が広くかなり快適な最前列のシートに変更していただけました。

 

そしてアブダビからイスタンブールへのフライトで使われていたエアバスA321の座席はこちら。

 

座席モニターはなく、かなり年季の入った機体でした。

右側にはUSBポートもあります。

 

この機材には座席モニターはないものの成田⇄アブダビ線にはないE−BOXなるものがありました。

このE−BOX一体なんなのかというと、自分のスマホやパソコンから機内エンターテイメントを楽しめるというもの。

 

使い方は簡単で、Wi-Fiネットワーク検索で出てくるE−BOXを選び繋げるだけ。

 

このE−BOXではSNSやメールなどを利用することはできません。

 

するとこのような画面になり、好きなエンターテイメントを楽しめるというもの。

 

フライト状況も確認することができます。

 

もちろん映画も観れました。

 

有料の機内Wi-Fiあり。

エティハド航空では機種によっては機内Wi-Fiを提供しているものがあり、日本路線は機内Wi-Fi搭載です。

機内Wi-Fiは離陸後数十分後から利用することができます。

通信速度は下の中くらいで、陸上と同じ感覚でインターネットはできません。

しかし、テキストメールやLINE・Twitterなどは画像の送受信がなければ見ることができかなり助かります。

画像の送受信に関してはかなり時間がかかるもののどうにか済ますことができるといった感じです。

 

こちらも繋げ方は簡単。

スマホ側でWi-Fiを選択するとこのような画面が表示されるので、クリックします。

 

ここでBUY A PLANを選択すると以下のようなプランが選択できます。

 

  • Lite5.95ドルで50MBまで利用可能
  • Flex15.95ドルで150MBまで利用可能
  • Premium29.95ドルで300MBまで利用可能

となっています。

 

好みのプランを選択し、支払い用のクレジットカード情報を打ち込めば利用開始となります。

 

Wi-Fi残容量はこのように確認することができます。

エコノミークラスでも機内色が美味しい

全体的に美味しい機内食でした。

特に美味しかったのが、パスタとして出されるペンネアラビアータ。

これは搭乗した全てのフライトで出てきましたが、毎回頼んでしまいました。

ちなみにメニューの配布などはありません。

成田→アブダビ

1回目の食事は魚料理を選びました。

 

途中ででたパンケーキ的なもの。

 

アブダビ到着前にでた親子丼。

 

アブダビ→イスタンブール

これがアラビアータ。

チーズがかかっていてボリュームもあり美味しかったです。

マンゴープリンも美味でした。

 

イスタンブール→アブダビ

当然ここでもアラビアータ。

アブダビ→成田

1回目の食事は鳥の照り焼きを選択。

これもまたボリュームがあります。

 

そして2回目も当然アラビアータ。

これ本当に美味しいのでエティハド航空に乗り、パスタを選択できるのであれば食べてみてください。

エティハド航空レビューのまとめ

中東御三家の三男ことエティハド航空。

サービス面においてどうしても2社と比べて劣る部分が目立ってしまいました。

しかしながら、比較的安く利用できるエティハド航空は今後もヨーロッパやアフリカ方面への旅行では強い味方となってくれることでしょう。