空港・フライト

【エティハド航空】エコノミークラス搭乗ガイド!【搭乗記】

世界でも有数の豪華さを誇る航空会社が揃う中東地域において、エミレーツ航空・カタール航空・エティハド航空の3社は世界のエアライン界でも圧倒的な存在感を出しています。

その中でも比較的安価な運賃設定となっていて日本発着便もあるエティハド航空は、中東のみならず欧州やアフリカへの旅行の際に選択肢に上がることもしばしばあります。

この記事ではトルコ旅行の際に利用したエティハド航空

  • 簡単な基本情報
  • 機内設備やアメニティ
  • 機内食
  • 機内に持ち込んでおいてよかった物

についてまとめていきます。

エミレーツやカタールも利用した経験がある私としては、率直な感想を言ってしまうとエコノミークラス利用に関してはエミレーツやカタールの方がいいかなと感じました。

機内食以外のドリンクやスナック類が有料だったり機内エンターテイメントが少なかったりと、些かサービス面で物足りなさがあります。

とはいえ、中東系航空会社の中では比較的安価に利用することができ、成田空港の他に中部国際空港からも飛んでいる(コロナ禍によりフライト変更の可能性あり)エティハド航空は今後もフライトの候補として入り続けてくるでしょう。

エティハド航空を予約しようと考えている方から、エティハド航空での旅行が決まっている方まで、ぜひこの記事を参考にしていただけたら嬉しいです!!

エティハド航空の簡単な基本情報

中東地域ではエミレーツ航空やカタール航空はかなり評判が良く、カタール航空に至ってはスカイトラックス社が毎年行う航空会社の格付けにおいて2022年に第一位を獲得し、エミレーツ航空も常に上位にいる世界的に注目されるような航空会社が集まっています。

そんな強い2社に隠れてしまい、エティハド航空はどうしてもパッとしない印象を受けてしまいがちです。

更には2016年ごろには赤字を出し業績が危うかった時期があったり、2019年にはスカイトラックス社による5スター認定から4スターに降格されるなど日に日にイメージが下がっていってしまっているエティハド航空。

しかし世界最大の旅客機であるA380に新設したファーストクラスを超える座席ザ・レジデンスで注目を浴び再起をはかるエティハド航空は今後も目を離せない航空会社となりそうです。

拠点空港は超巨大なアブダビ国際空港

エティハド航空の拠点空港はUAE・アブダビにあるアブダビ国際空港


第一ターミナルから第三ターミナルまであり、主に第一ターミナルと第三ターミナルを利用することになります。

また第一と第三は繋がっており徒歩で移動することができます。

しかし同じくUAEにあるドバイ国際空港と同じく、ここアブダビ国際空港もとにかく広い!!

そんな広大な空港内に、長距離フライト前後に浴びたいシャワーなども揃っているので快適な空港滞在を楽しめるかと思います。

アブダビ国際空港についてはこちらをご覧ください。

約110の機体で400を超える国と都市へ就航

日本からのフライトは成田国際空港中部国際空港(北京経由)からアブダビへ向けて飛んでいます。

成田発便に関してはエミレーツ航空やカタール航空のように夜間発ではなく17:00発なため、仕事終わりに搭乗は難しいのが難点。

しかし成田着便の到着は12:45ということで、中東他社と比較して早めに帰国できるのは嬉しいポイントです。

またヨーロッパ各地及びアフリカ各地にも数多く飛ばしているため、各方面へ旅行の際は自ずとエティハド航空が候補に上がってくるのも肯けます。

 

絶対にオンラインチェックインがオススメ

私が搭乗したのは2020年2月初旬で、新型ウイルスによる影響が出ている時期でしたが成田空港第一ターミナルにあるエティハド航空チェックインカウンターは大混雑でした。

ちなみに私が利用した便はこちら

EY871 成田17:10発→アブダビ00:40着

EY96 アブダビ09:30発→イスタンブール13:30着

EY97 イスタンブール14:50発→アブダビ20:10着

EY878 アブダビ22:15発→成田12:45着

これはどこの航空会社でのフライトでも同じですが、できるのであればオンラインチェックインをしておきましょう。

特に中東系航空会社は乗り継ぎ客や、団体ツアーによる利用客が多くチェックイン手続きが長くかかりがち。

今回のフライトもそうでしたが、エコノミークラスチェックインレーンは長蛇の列になっている中、オンラインチェックインレーンは5分程度の待ち時間で順番が回ってきました。

またオンラインチェックインの場合空港でのチェックイン手続きよりも早い段階で座席を選択することができるため、希望の座席を取りやすくなるというメリットもあります。

機内設備とアメニティは正直物足りなさ有り…

成田⇄アブダビのフライトで使われる最新鋭B787の機内は清潔感があり快適です。

しかしエミレーツやカタールも配布している機内アメニティなどは一切ありません。

 

座席にはこのようにヘッドレストがあり、寝るときにもたれかかることができる仕様。

 

座席モニターは一般的なサイズ感です。

また画面下にはUSBポートや日本のプラグを挿せるコンセントもあります。

しかし、映画などについては日本語字幕や日本語音声はなく、日本映画も数本ある程度、正直かなり物足りなさがあります…

 

そしてアブダビからイスタンブールへのフライトで使われていたエアバスA321の座席はこちら。

 

座席モニターはなく、かなり年季の入った機体でした。

右側にはUSBポートもあります。

 

この機材には座席モニターはないもののE−BOXという自信のスマホやパソコンから機内エンターテイメントを楽しめるシステムがありました。

有料の機内Wi-Fiあり

エティハド航空では機種によっては機内Wi-Fiを提供しているものがあり、日本路線は機内Wi-Fi搭載です。

機内Wi-Fiは離陸後数十分後から利用することができます。

通信速度は下の中くらいで、陸上と同じ感覚でインターネットはできません。

しかし、テキストメールやLINE・Twitterなどは画像の送受信がなければ見ることができかなり助かります。

画像の送受信に関してはかなり時間がかかるもののどうにか済ますことができるといった感じです。

繋げ方は簡単。

スマホ側でWi-Fiを選択するとこのような画面が表示されるので、クリックするとプラン選択画面に移ります。

 

  • Lite5.95ドルで50MBまで利用可能
  • Flex15.95ドルで150MBまで利用可能
  • Premium29.95ドルで300MBまで利用可能

となっています。

好みのプランを選択し、支払い用のクレジットカード情報を打ち込めば利用開始となります。

 

Wi-Fi残容量はこのように確認することができます。

 

機内に持ち込んでおいてよかった物

アメニティや機内エンタメが乏しいエティハド航空に搭乗し「これ持ってきておいてよかった…」と感じた物が数点ありましたので、ここでご紹介いたします。

 

まずはネックピローブランケット

クッションや備え付けのブランケットはあるものの長距離フライトにおいてやはり快適なネックピローや追加で使い心地のいいブランケットは欠かせない存在です。

特にブランケットはたまに変な匂いしたりもするので…(笑)

私が愛用しているのはコンパクトに折り畳むことができるもの。


 


機内のみならず、空港での長時間滞在の時や自宅でも使えるものなので、持っておいて損はありません。

またこのネックピローはアイマスクも付いているため、機内アメニティのないエティハド航空に乗るにはかなり嬉しい物になっているため、もし出発までに余裕があれば事前に用意しておくことを強くお勧めいたします!!

 

続いてはのどぬーるぬれマスク


 

エティハド航空に限ったことではありませんが、機内はとにかく乾燥しています…

そのため、私も欠かせないものはのどぬーるぬれマスク。

特に成田からアブダビ間など長時間フライトだと、ぬれガーゼがあっという間に乾いてしまったりするので、Amazonなどでまとめ買いして多めに鞄に入れておくと安心です。

極端な乾燥により鼻や喉が痛くなり、せっかくの旅行を楽しめなくなるのを避けるためにも事前に準備しておくことをおすすめします!!

 

次はコップ付きの歯ブラシセット


長時間フライトにおいてこれも欠かせません。

なぜコップ付きがおすすめかというと、海外などでは水道水を直で飲むことはできず、歯磨き時もなるべくなら水道水は使わないほうがいいため、ミネラルウォーター等を使うことになります。

その際歯を磨くたびにペットボトルから口にしていたら衛生面でも良くありませんし、何より歯磨きしにくいんですよね(笑)

なので、コップ付きを用意しておくと快適になります!!

 

最後は暇つぶしグッズとして欠かせないAmazonプライム登録です!!

正直エティハド航空のエンタメは少々物足りなさを感じます。

なぜなら日本語字幕がほとんどないから!!

成田アブダビ間の長距離フライトにおいてこれはかなりきついものがあります…(笑)

そんな中時間を潰すのに頼りになるのが映画やドラマ・テレビ番組などを月500円で見放題ダウンロードし放題なAmazonプライムの存在です。

私はいつも飛行機搭乗前に観たい物を片っ端からダウンロードし、機内やラウンジでじっくりと観ています。

今なら30日間無料でアマゾンプライムを利用できる体験版があるので、旅行前に登録し旅行後に解約すればお得に機内ステイを快適にすることができちゃいます!!

解約はいつでも簡単にできますし、気に入ればそのまま月額500円で加入することも可能。

映画やドラマ・テレビ番組など、ほぼ無限にありAmazonプライムさえあれば時間を持て余すことはまずないので、気になる方は以下からチェック・登録してみてくださいね!!

 

アマゾンプライム30日間無料お試しはこちらから!!

 

エコノミークラスでも機内食は美味しい

全体的に美味しい機内食でした。

特に美味しかったのが、パスタとして出されるペンネアラビアータ。

これは搭乗した全てのフライトで出てきましたが、毎回頼んでしまいました。

ちなみにメニューの配布などはありません。

成田→アブダビ

1回目の食事は魚料理を選びました。

 

アブダビ到着前にでた親子丼。

 

アブダビ→イスタンブール

これがアラビアータ。

チーズがかかっていてボリュームもあり美味しかったです。

マンゴープリンも美味でした。

 

イスタンブール→アブダビ

当然ここでもアラビアータ。

アブダビ→成田

1回目の食事は鳥の照り焼きを選択。

これもまたボリュームがあります。

 

そして2回目も当然アラビアータ。

これ本当に美味しいのでエティハド航空に乗り、パスタを選択できるのであれば食べてみてください。

 

しかし、一点気になったのはフライト中ドリンクのサービスが食事中以外になかったこと。

水の配布はありましたがその他ソフトドリンクなどはなく、よく見たら座席モニターから有料で注文するようになっていました。

ドリンクの他スナック類も有料でした。

もしかしたらCAさんに一声かけたらもらえたのでしょうか…

エティハド航空レビューのまとめ

サービス面においてどうしても2社と比べて劣る部分が目立ってしまいましたが、比較的安く利用できるエティハド航空は今後もヨーロッパやアフリカ方面への旅行では強い味方となってくれることでしょう。

 

最後にエティハド航空が拠点とするアブダビ空港についても案内記事を書いていますので、利用前の予習がてらぜひご覧ください!!

無料シャワーもラウンジも最高でした!!