空港・フライト

【帰国前にさっぱり!】桃園空港にある無料シャワー利用方法とラウンジシャワー利用方法

日本人に人気の旅行先である台湾は日本各地から沢山のLCCが飛んでおり、安く行けるのも魅力の1つです。

東アジア圏内はLCCに限る

をモットーにしている私自身も台湾に行く時はLCCしか利用していません。

そんなLCCは深夜台北発便も多いです。

そこで気になるのが、一日朝から台湾を満喫したり夜市などで体についた匂いやら汗やらなんやら。

特に夏場なんかはかなり気になりますよね。

ここではPeachやJetStar、Scootなど日本発着LCC便も多桃園国際空港の第一ターミナルにある無料シャワールーム第二ターミナルにあるラウンジのご紹介をしたいと思います。

これから桃園国際空港を利用する予定のある方から、リアルタイムで桃園国際空港にいる方まで参考にしていただけたら嬉しいです。

無料シャワーの場所は第一ターミナル制限エリア内

出国審査を抜け、ゲート案内表示を見てA1-A9・D1–D10・D5Rと書かれた方に進んでいきます。

するとこのように「貴賓室 VIP lounge」と書かれた表示板が出てきますので、この方向にある階段を登ります。

 

するとこのような通路に出て、上にシャワーのマークが出てきますので進んでいきます。

周りには航空会社ラウンジが並ぶ中、ソファなどが置かれた室内を通過しますがここは無料休憩エリアなので心配無用です。

室内にもあるシャワーのマークに従い進むとシャワールームエリアに到着です。

 

利用方法

以前まではラウンジ利用者のみ無料で、その他の方は有料でしたが2019年8月に行ったところ無料開放されてました。

しかし、この辺りのルールはコロコロ変わるらしいので注意が必要です。

シャワールームの扉にはこのような注意書きがあります。

私が行った時は23時頃ですが、前に5組並んでました。

私が利用した際、15分というルールがあるものの15分を過ぎても20分を過ぎても30分を過ぎても出てこない日本人利用者の方などもいました。空港でなおかつ制限エリア内ということもあり、時間を急いでいる方も多くいますので15分以内に出るようにしましょう。

こんなこともありますので、出発間際であれば様子を見て利用するかどうかを判断した方が良さそうです。

確実に利用したい場合はチェックインを早めに済ませ、できるだけ早く出国審査を抜けてシャワールームに行くようにしましょう。

 

シャワールーム内は広くて清潔

シャワールーム内はこのようになっており、シャンプー・ボディソープ・ドライヤーなどは完備されています。

また、多目的トイレの中にもシャワーがありこちらはかなり広々としています。

ですが、並んでるだけあり前の人が利用したままの状態であることが多いので気になる方もいるかもしれません。

 

第二ターミナルラウンジは4階出発ロビー

第二ターミナルにはプライオリティパス(詳細は後ほど説明します)で利用することができるOriental Club Loungeという場所があります。

ここもシャワーがありその他にもソフトドリンクやアルコール飲料、電源からWi-Fiまでなんでも揃っています。

そのため、第二ターミナルを利用数するのであればプライオリティパスを発行しぜひ利用したいところ。

プライオリティパスについて

ここでは上記ラウンジを利用できるようになるプライオリティパスについて書いていきます。

そもそもプライオリティパスとは

プライオリティパスとは、空港ラウンジに関するサービスを提供する企業である。

また、同社が提供するサービスの名称である。

クレジットカードと空港ラウンジとの最大の相違点は、空港での保安検査場を超えた場所に、ラウンジが立地している点である。

Wikipediaより

ということで、世界中の空港ラウンジを自由に使えるようになるパスのことです。

空港ラウンジでは今回ご紹介したシャワーはもちろん、食事や飲み物から仮眠室まで至れり尽くせりですなサービスを受けることができ、ワンランク上の空港滞在時間を楽しむことができます。

 

このプライオリティパスに入会すると黒地に金でPRIORITY PASSと書かれた特別感漂うカードが送付されます。これさえあればエコノミークラスでもLCCでも、プライオリティパス提携の豪華な空港ラウンジを利用できるようになります

 

プライオリティパス提携のラウンジは世界中の空港にあり、国内では成田空港の「IASSラウンジ」「KALラウンジ」「ANAラウンジ」、羽田空港の「ANAラウンジ」などを利用することができます。

しかし実はこのプライオリティパスが本領を発揮するのは国内ではなく海外の空港

世界148カ国、600を超える都市に1300カ所以上にラウンジを設けておりこの数は現在進行形で増えています。

 

こんな豪華なラウンジや

 

豊富な種類の食事やドリンクもプライオリティパスがあれば、快適な空間で無料で食べられてしまいます。

 

他にもシャワーを利用できるラウンジもあり、本当に至れり尽くせり。

 

仮眠スペースではざわついた空港の喧騒から離れ落ち着いた優雅な時間を過ごせてしまいます。

この他、プライオリティパスで利用したラウンジについてはこちらをご覧ください。

 

プライオリティパスを発行するなら楽天プレミアムカード経由がオススメ!!

本当に便利で快適でワンランク上の空港滞在と海外旅行を提供してくれるプライオリティパスは年会費11,000円の楽天プレミアムカード経由で申し込んで保有するのがおすすめです。

 

 

その理由は本来年間1万円では常に使えるプライオリティパスは持てないから。

 

これは旅慣れた人のみが知る裏技的な旅技です!!(もちろん不正などではありません(笑))

 

どういうことか説明しますと、プライオリティパス公式から会員登録すると以下のような料金がかかります。

一番安いスタンダードで99ドル(約13,000円)となっており、一番高いプレステージは429ドル(約57,000円)となっています。

年間57,000円なんてさすがにおいそれと払える額ではありません。

ですが、先述の楽天プレミアムカードを発行しその特典でプライオリティパスを発行するとどのランクになると思いますか?

年会費11,000円だしスタンダード会員になると思いませんか??

それがなんと

いきなりプレステージ会員になれるんです。

正直意味がわかりませんが、とにかくなれてしまうんです。

これが楽天プレミアムカード経由発行をオススメする1番の理由。

年会費11,000円の楽天プレミアムカードを発行し、プライオリティパスの発行手続きをするだけで、年会費57,000円のプレステージ会員と同じ資格が手に入るんだからそんなお得なことはありません。

もちろん楽天プレミアムカードの特典はこれだけではなく、充実補償の国内・海外旅行障害保険が自動付帯していたり旅行中のトラブルや現地情報の紹各種ツアーやレストラン予約手配などなど、数多くの旅行サポート特典があり、空港滞在のみならず旅行自体をワンランクアップしてくれる、なくてはならない存在となっています。

また、旅行していない日常生活中でも楽天プレミアムカードは特典はいっぱい。

例えば最近話題の楽天経済圏では楽天プレミアムカードは最強の武器になります。

なんてたって、楽天プレミアムカードが一枚あるだけで楽天市場で買い物をした時に付与される楽天ポイント(1ポイント1円として楽天経済圏他コンビニ支払いなどでも使える)が4倍に、その他選べる3つの優待サービスを選択すると自分のライフスタイルに合った各サイトで多くの楽天ポイントをもらうことができます(詳細は以下リンクからご確認ください)

それに加え今なら楽天プレミアムカードの新規発行で楽天ポイントが最大8000円分もプレゼントされるので、この機会に海外旅行と日常生活を180°変えてみてはいかがでしょうか。

年会費11,000円は正直高く感じるかもしれませんが、年に1回の海外旅行と1ヶ月に数回程度の楽天市場での買い物で概ね元は取れてしまうと思いますので、ぜひ以下のリンクから楽天プレミアムカードを発行・ポイントプレゼントを受け取ってみてください!!

 

楽天プレミアムカードの申し込みや詳細確認はこちらから!!

 

 

 

まとめ

台湾旅行の際はほぼ必ず利用することになる桃園国際空港の無料シャワーとプライオリティパスで入ることができるラウンジについて書いてきました。

台湾旅行はもちろんのこと、台湾で乗り継ぐ際にも快適に過ごすことができるこの空港は見所も沢山。

また無料シャワーもバッチリ快適でしたが、やはりラウンジシャワーには到底及ばないクオリティーといったところ。

台湾のみならず世界中にあるプライオリティパスで利用できるラウンジは一度入ったら出たくなくなるような空気感が漂うほどに快適です。

桃園国際空港を利用する予定がありまだプライオリティパスを持っていない方はこ、まだ間に合いますのでこの際にプライオリティパスをゲットしてみてはいかがでしょうか。