海外旅行現地情報

【ドーハ・イスラム美術館】入館料から楽しみ方まで徹底解説

はじめに言いますと私は美術品やアートに極端い疎い人間です。

しかし、そんな私もドーハにあるイスラム美術館あまりの美しさに息をのんでしまうほどでした。

 

ドーハ中心地からすぐに行けるイスラム美術館は、美術品はもちろんその建物も景色も周辺も魅力的でついつい長居したくなる場所でした。

真夏は灼熱の地となるドーハでも涼しく快適に過ごせるため、ドーハ旅行乗り継ぎ時間に手軽にドーハを楽しみたい方におすすめのスポットとなっています。

今回はそんなイスラム美術館の見所からアクセスや入館料など詳細まで書いていきたいと思います。

 

館内は涼しくて静かで快適

スークや街中と違いこのイスラム美術館内は当然静かで集中して楽しむことができます。

 

メインホールは吹き抜けになっており、チケットを購入後奥に進むとこのような光景が広がります。

絵画や芸術品に疎い私はこのような単純にすごい物を前にこの時点ですでにテンションが上がってきます。

美術品が展示されているのは2階からとなっており、1階はカフェやお土産屋さんとなっています。

美術品の数はかなりのボリューム

本当に美術品に疎いですが、来たからには当然さも知り尽くしているかの如く見て回ります。

以降の各作品に対する私のコメントは全て正確性を欠いていますのでご了承ください。

ではいきます。

 

アラジンっぽいです。

多分どこからか発掘されたのでしょう。

あるいはすごい人が作ったものかもしれません。

 

時計か円盤、もしくはそれ以外の何かでしょう。

多分金でできていそうですが、それ以外の何かかもしれません。

 

これは明らかなコンパスです。

シリアから出てきたようですが、なかなか立派なコンパスですね。

しかし実際には使いずらそうです。

 

絵です。

多分医学科何かに使われたのでしょう。

いやでも蛇はわかりません。

多分何か重要なものです。

 

これがなんなのかわかるわけもありません。

英語どころか日本語も怪しい私が、もはや記号のようなアラビア語が書かれたこれを理解すには1億年は必要です。

 

同上。

 

唯一私が「おおおー」となったのはこのカーペットとタイルシリーズ。

これは本当に見惚れてしまいました。

カーペットに関してはきっと昔の方々がこの上で生活していたのだと思うと数々の傷やほつれが歴史の証に見えてくるし、タイルは当時の職人がこだわりを込めて作ったのだと強く感じます。

ほんの少しだけ、美術品の良さに気付いた気がします

 

展示エリア内にはこのようなソファスペースもあり、ここに座り展示品をゆっくりと堪能することができます。

 

景色が最高なカフェもあり

館内1階にはカフェがあり、ここで食事やドリンクを楽しめます。

 

ちなみにこのカフェは座席位置が最高。

ガラス張りの大きな出窓から、ペルシャ湾越しにウェストベイエリアのビル群を眺めることができます。

古代中東を満喫した後に、ドーハの最先端街を眺めるというのもまたいいものです。

 

お土産屋さんも

また1階にはカフェの他、お土産屋さんもあります。

 

ペンやスマホケースなどの雑貨類の他お洒落なアラビアンな食器類や

 

アラビア書籍などもあります。

 

また明らかに高そうなチェスセットもありました。

見てるだけでカタールの裕福さを感じます。

 

外から眺めるウエストベイエリアも一見の価値あり

イスラム美術館は館内のみならず、外に出ても美しい景色が沢山あります。

 

イスラム建築らしいこの部分に来て左をみると…

 

 

 

美しすぎます。

なんですかこれは。

息を飲むとはまさにこのこと。

吹き抜ける心地いい風(来訪時は12月で春の陽気だったため)と、突き抜けるような青空に近代ビル群がよく映えています。

美術品はよくわかりませんが、この景色は圧倒的でした。

 

隣接するMIAパークで素敵な昼下がりを体験

そんなイスラム美術館を後にし、次はイスラム美術館周辺を散策します。

 

イスラム美術館周辺はこのように遊歩道になっており、これもまた気持ちがいいです。

 

通りにはこのようにカフェもあり、ゆったりとくつろいで各自思い思いの過ごし方をしていました。

 

私も小腹が減っていたのでポテトを注文。

ただの芋がとてつもなく美味しく感じられました。

 

あと少し奥には寂しげにファニーな音楽だけが流れるメリーゴーランドがありました。

アクセスや営業時間

さてイスラム美術館の詳細情報です。

アクセス方法は2通り。メトロorタクシー(Uber)

イスラム美術館へのアクセスは2通りあり

・ドーハメトロ+徒歩

・タクシー(Uber)

のどちらかがおすすめです。

 

ドーハメトロの場合、ゴールドラインのスークワーキフ駅が最寄りとなります。

そこから約20分ほど歩くと到着です。

正面からこの緩やかな階段を上がっていけば到着です。

建物が特徴的なため比較的簡単に行けてしまいます。

しかし、この方法は真夏かなりキツくなりますので不安な方はタクシーもしくはUberで行くことをお勧めします。

 

ドーハメトロの乗り方などについてはこちらで詳しく解説していますのであわせてご覧ください。

入館料と営業時間

入館チケットは当日に受付で購入することができます。

入館前に簡単なボディチェックと荷物検査をしてから受付にいきます。

 

入館チケットは大人(16歳以上)50リヤル(約1,500円)で、16歳以下は無料。

また学生は50%オフの25リヤル(約750円)で入ることができます。

 

開館時間は金曜日以外は9:00〜19:00で、金曜日のみ13:30〜19:00となっています。

 

まとめ

カタールのみならず中東諸国のイスラム文化を楽しむことができるイスラム美術館は、ドーハに行ったらぜひ一度は立ち寄りたいところ。

また周辺の雰囲気も最高なため休憩にもピッタリです。

ドーハ観光の定番スポットであるイスラム美術館を満喫しイスラム文化を感じてみてはいかがでしょうか。