空港・フライト

【ハマド国際空港】ラウンジから無料仮眠スペースまでレビュー

世界一裕福と言われるカタール、そんなカタールの首都ドーハにあるハマド国際空港はカタールのみならず中東地域においてドバイ国際空港とも並ぶ重要なハブ空港となっています。

ハマド国際空港へは日本からの直行便も出ているカタール航空の拠点であり、中東各地域はもちろんヨーロッパやアフリカなどへの乗り継ぎ地として利用する方も多いのではないでしょうか。

そんな日本発ドーハへのフライトは基本的に早朝に到着するため、乗り継ぎ便によって早朝の空港内で時間を持て余してしまう可能性もあります。

 

今回はそんな巨大なハマド国際空港での無料の仮眠スペースやラウンジまで色々な過ごし方や空港設備などをご紹介していきます。

ハマド国際空港の詳細

ハマド国際空港は2014年から運用が開始された比較的新しい国際空港で、前述の通りカタール航空の拠点空港となっており羽田空港及び成田空港から直行便も飛んでいます。

またハマド国際空港は周辺国への乗り継ぎ地としても大変大きな役割を持っており、私が成田便を利用しハマド国際空港に到着した際ほとんどの乗客が乗り継ぎ方面に歩いて行ったのが印象的でした。

そんな乗り継ぎ客が多いハマド国際空港は乗り継ぎ客向けに仮眠スペースやフードコート、子供用の遊具があるスポットなどの空港設備が充実しており、非常に快適に過ごすことができます。

 

 

しかしハマド国際空港は、2017年にサウジアラビアなどがカタールとの国交の断絶を通告した影響で2020年現在でも

UAE・ドバイのエミレーツ航空

UAE・アブダビのエティハド航空

サウジアラビアのサウジアラビア航空

がハマド国際空港への乗り入れを中止しているため中東諸国に行く場合は不便な点も多いところがデメリットとなっています。

 

ハマド国際空港から市内へのアクセス方法は簡単

2019年12月以前までは基本的に空港から市内への移動はバスもしくはタクシーが一般的でした。

しかし、ドーハメトロのレッドラインが2019年の12月10日に市内からハマド国際空港まで開通したため、空港から市内への移動は格段に便利になりました。

実際に私もタクシー(Uber)とメトロの両方を空港⇄市内で使いましたが、メトロの方が断然安く移動時間も読めるため私としてはドーハメトロでの移動をお勧めしたいです。

 

 

ドーハメトロに関してはこちらをご覧ください。

到着ロビーはシンプルでわかりやすい構造

基本的にどこの空港もそうですが、ハマド国際空港の到着ロビーは非常にシンプルでわかりやすかったです。

 

カタールの象徴であり、カタール航空のロゴにもなっているオリックスの銅像が出迎えてくれます。

 

これはドーハメトロへ続くエレベーターで、これに乗って案内通りに進めばメトロ駅に到着します。

 

またバスやタクシーの乗車場所は到着ロビーの端と端に分かれています。

 

こちらはSIMの販売所です。

今回の旅行では、レンタルWi-FiとSIMを持っていきましたがどちらもこのキャリアの物でした。

特に不都合なく使えました。

 

また両替所もあります。

大きなテディベアが目印の出発フロア(制限エリア内)はとても広い

ハマド国際空港の制限エリア内はとても広く、お土産ショップやフードコートも沢山あり退屈することはなさそうです。

しかし深夜などは結構な数のお店が閉まってしまうため時間を持て余してしまうことも。

ですが、ここハマド国際空港は無料の仮眠スペースや共有パソコンなどが点在していて、ゆっくりと休むことが可能です。

 

まず制限エリア内で一番目を引くのがこの大きなテディベア。

ハマド国際空港を利用したことがある方のほとんどが目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

ドバイ国際空港と同じように、高級車が当たる宝くじも売っています。

 

カタール航空オフィシャルショップ

飛行機好きにはたまらない、カタール航空のオフィシャルストアがありました。

 

このようなグッズから

 

飛行機の模型まで。

私は完全なるエミレーツファンですがついつい模型を買ってしまいました。

 

またファーストクラス原寸大の再現もありました。

これなら12時間のフライトなどへっちゃらそう…

 

無料の仮眠スペースがあり長時間の乗り継ぎ時間でも快適

また制限エリア内にはこのような仮眠スペースが点在していて、寛ぎの場となっていました。

もちろんコンセントもあり、長くいることもできます。

しかし深夜帯などはやはり人が集まるため、どうしても利用したい場合は早めに陣取った方がいいかもしれません。

 

共有パソコンもそこかしこにあり、その全てがMACです。

まるでAppleの展示場のよう。

 

その横にはこのような子供用の遊び場があり、ここで思いっきり遊ばせてフライトでぐっすりと寝かせてしまう手段を使えます。

 

その他ベンチにもコンセントがある場所もありました。

 

フードコートやお土産屋さんも沢山

当然お土産屋さんも沢山あります。

買い忘れた物などがあれば大体各店舗で揃います。

 

またフードコートも私が見た限りでは2箇所にあり、食事には困らなそうでした。

 

Al Maha Loungeはシャワーもあり快適

気になる方も多いであろうハマド国際空港にある、プライオリティパスで利用することができるラウンジのレビューです。

ハマド国際空港にはプライオリティパスで利用できるラウンジがこの1つのみとなっています。

小ぶりながらもシャワーも完備で非常に快適で、長距離フライト前や長距離フライト明けの乗り継ぎ時などの休憩にはぴったりです。

 

ラウンジの場所は少しわかりにくい

Al Maha Loungeは少々わかりにくい場所にあります。

ここでは出国審査を抜けた場所からの案内をします。

 

出国審査を抜けるとこのような光景が広がります

ここから見て右奥にAl Maha Loungeがあります(赤丸で囲んである辺り)

 

そこにはこのような案内表示があり、この通りに進んだ先にあるエレベーターに乗って出たらすぐにラウンジの受付があります。

 

これが入り口です。

ちなみにこの向かいにはまた別のラウンジがありますが、そちらにはプライオリティパスでは入ることができません。

 

ラウンジ内は小ぶりながらも充実の設備

入るとこのようになっており、L型の構造となっています。

座席数は結構あるため比較的混み合うことはなさそうです。

 

私が行った時間帯(21時頃)はこのような食事でした。

ハンバーガーやサンドイッチが多くあります。

 

この辺りはサラダなどのエリア。

この他スープも3種類ほどありました。

 

ドリンクも各種完備されています。

 

このようなパソコン席やソファ席にもコンセントやUSBポートもあり、充電に困りません。

 

清潔なシャワーも完備

これ本当に助かります。

特に日本路線は長時間のフライトとなるため、シャワーを浴びられるにはありがたい限りです。

 

Al Maha Loungeのシャワーは男性も女性もトイレ内に設置されています。

 

奥に行くとスタッフの方がいるので、その方が案内してくれます。

中はこのようになっており清潔です。

 

コンセントもあり。

 

またシャワーやボディソープまであります。

 

荷物置き場もあります。

 

またバスタオルやバスマットまで無料で貸し出してくれるので本当に手ぶらで利用できるのが嬉しいですね。

 

ハマド国際空港についてのまとめ

日本から直行便が出ているカタール航空の拠点ということもあり、多くの日本人も利用するハマド国際空港には沢山の見所がありました。

この他もし長時間の乗り継ぎ時間などがある場合は、一度入国しカタール航空が開催しているドーハトランジットツアーもあるので検索してみてください。

 

またプライオリティパスで利用できるラウンジも一度入ったら出たくなくなるような空気感が漂うほどに快適でした。

ハマド国際空港を利用する予定がありまだプライオリティパスを持っていない方はこの際にプライオリティパスをゲットしてみてはいかがでしょうか。

 

プライオリティパスと空港ラウンジの詳細はこちらをご覧ください。